今年は園庭に雪像をつくりました。

2021年の旭川冬まつりがオンラインでの開催となり・・・

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、旭川の一大イベントである旭川冬まつりがオンラインでの開催となりました。毎年河川敷に大きな雪像が並び、多くの市民や観光客で賑わっており、大変残念でなりません。

そこで男山では、例年敷地内に大きな雪だるまを制作していましたが、今年は旭川冬まつりのオンライン開催を受け、また、新型コロナウィルス感染の早期終息を強く祈り、話題の妖怪アマビエを制作しました。

2体のアマビエ

社員5名による手作りです。

例年は2名ほどで雪だるまを制作しますが、今年は5名で、約1週間かけて作り上げました。

まずは、コンパネ(木板)で囲いを作り、その中に雪を投入して雪の直方体の塊を作ります。

原点となる雪の直方体です。雪が降るので、雪かきも必要です。

次に、おおよそのイメージをスプレーで描き、チェーンソーで削っていきます。

黄色のスプレーで大雑把に描きます。
チェーンソーで削っています。
細かいところもチェーンソーで削ります。

雪が降ったり、気温の変化で雪像は劣化していきます。そこで重要なのは日々のメンテナンスです。気温が低いので雪はサラサラ。ですので、バケツに水を汲み、雪を濡らしてメンテナンスをしていきます。

日々のメンテナンスの様子

みんなの冬2021

旭川冬まつり実行委員会では、この冬を頑張っている人たちへ雪と氷とあかりで感謝とエールを届けよう!という「みんなの冬2021」という企画を実施しております。

男山も、このアマビエ雪像にて参加いたしました。

今年は旭川冬まつりの会場で多くの雪像を楽しむことはできませんが、「みんなの冬2021」のサイトをご覧いただき、雪のある地域にお住まいの方は一緒に参加しましょう!また、雪の降らない地域の方も、それぞれ個性のある雪像がたくさん投稿されていますので、どうぞお楽しみください!

みんなの冬2021
https://minfuyu.asahikawa-winterfes.jp/

男山酒造り資料舘
TEL:0166-47-7080
営業時間:午前9時~午後5時

※掲載内容は、投稿時の情報です。