新型コロナウイルスの影響を受け、出荷されず余剰在庫となったお酒を、新商品『男山 諸事情』としてお求めやすい価格にて緊急発売いたします。

名の通り“諸事情”により生まれた新しいお酒

この度の新型コロナウイルス感染拡大の波は大きく、4月の緊急事態宣言の発令による多くの料飲店様や販売店様、お土産店様の自粛に伴い、全国的にお酒の消費が大幅に減少しています。

普段は日本国内外の多くの観光客で賑わう北海道も閑散としており、男山でも、今年瓶詰めした商品が、お土産に人気のあるお酒を中心に、出荷されずに大量の余剰在庫となってしまいました。

限定商品を始めとした、お土産に人気の商品

既に今年の酒米の生育は進んでいるにも関わらず、このままでは次回(2020年冬)以降の仕込み数量を大幅に減少せざるを得ない現状です。

そこで、少しでも例年通りの仕込み数量を継続したいとの強い思いから生まれたのが『男山 諸事情』です。

今回、一度瓶詰めし余剰在庫となってしまった複数種類の商品を飲みやすい味わいになるよう再調整し、お求めやすい価格で新商品『男山 諸事情』として数量限定で緊急発売することに致しました。

『男山 諸事情 純米吟醸』1,650円と 『男山 諸事情 普通酒』550円

『男山 諸事情』720mlは純米吟醸(左:グリーン瓶)と普通酒(右:茶瓶)の2種類。

本商品は、通常商品と比べブレンド後に再び瓶詰めするため、「火入れ」の工程を追加していますが、火入れ後すぐに冷却することで香味を損なわないよう配慮しています。

また、徹底した温度管理のもと保管していますので、品質上(香味面含め)何ら問題なく、美味しくお楽しみ頂ける商品に仕上がっています。

ただ、『男山 諸事情 純米吟醸』につきましては、追加の火入れ工程により香りが若干弱くなったため、純米大吟醸酒のブレンド(精米歩合は40%)ですが「純米大吟醸」ではなく、「純米吟醸」としています。

どちらも数量限定、そして令和2年一度限りの商品となります。この機会にぜひ、普段日本酒を飲まれない方にもお楽しみ頂けたらと思っております。

・『男山 諸事情 純米吟醸』720ml 1,650円(税込)

・『男山 諸事情 普通酒』720ml 550円(税込)

男山酒造り資料舘にて7月15日より先行販売

全国一般販売は8月7日からですが、男山酒造り資料舘とオンラインショップにて7月15日から先行販売いたします。

●男山オンラインショップはこちら
『男山 諸事情 純米吟醸』720ml 1,650円(税込)
『男山 諸事情 普通酒』720ml 550円(税込)

新型コロナウイルスの影響によって変わっていく生活様式の中、男山酒造り資料舘でも皆様に安心してお越しいただけるよう、「新北海道スタイル」に沿った感染予防対策を行っています。

ご自宅で過ごす時間が長くなると、たまには外の空気に触れてリフレッシュすることも大切です。是非、お買い物だけでなく、前庭の自然を楽しむだけでも気分転換にお越しください。

男山酒造り資料舘の庭先では、色とりどりの草花や、池の鯉たちも皆様にお会いできるのを心待ちにしています。

例年、鯉のエサをご用意しており、小さなお子様が楽しそうに池の鯉にエサをあげている姿があります。

今年も変わらず鯉のエサを1袋10円でご用意していますので、鯉のエサやりもお楽しみいただけます。

前庭に咲く色とりどりの草花
前庭の池で悠然と泳ぐ鯉

男山は、これまでと変わらずそしてこれまで以上に皆様に日本酒を楽しんでいただけるよう、お酒造りを続けて参ります。

また皆様の「美味しい!」という笑顔で店頭が、街が、賑やかに動き出す日を心待ちにしています。

紹介したお酒

男山 諸事情 純米吟醸 720ml

兵庫県産山田錦を使用した純米大吟醸に、北海道産酒造好適米を使用した純米大吟醸酒をブレンド。それぞれの吟醸香とキレの良さが綺麗に調和されたやや辛口タイプの飲みやすい「純米吟醸酒」です。追加の火入れ工程により香りが若干弱くなったため、純米大吟醸のブレンドですが「純米吟醸」としています。

男山 諸事情 普通酒 720ml

人気のある純米酒を中心にやや酸味のある爽やかな味わいになるようにブレンドしたお酒です。少量ですが、普通酒もブレンドされているため「普通酒」としております。

※掲載内容は、投稿時の情報です。