1977年から2018年まで、42年連続で海外の種類コンクールで金賞を獲得する「男山 純米大吟醸」。国内外の鑑評会でこのお酒が評価されている理由は何なのか。その歴史と酒造りの秘密をお伝えします。

男山 純米大吟醸  720ml 5,400円 1.8L 12,960円   ★国内外の酒類コンクールで多くの受賞歴がある当蔵でも最高品質のお酒です
男山 純米大吟醸  720ml 5,400円 1.8L 12,960円   ★国内外の酒類コンクールで多くの受賞歴がある当蔵でも最高品質のお酒です

いまや誰もが知るモンドセレクションで、日本酒として初の金賞を受賞

いまでは数多くの商品が日本から出品される「monde selection(モンドセレクション)」。世界的な認賞機関で1977年、日本酒で初の金賞を受賞したのが「男山 純米大吟醸」でした。

5年後の1982年には、他の欧州酒類コンクールや酒類専門コンペティション「The International Wine&Spirit Competition」でもゴールドメダルを獲得。現在に至るまで42年連続・通算50個以上のゴールドメダルを受賞しています。

海外だけではなく、日本国内でも全国新酒鑑評会などで金賞を何度も獲得。それが、男山最高品質の「男山 純米大吟醸」です。

C:\Users\otokoyama\Desktop\安ちゃん\男山を読む(記事)\2018純米大吟醸写真\DSC_4158.JPG
“受賞酒”は酒蔵でも一番の自信作。この味が国内外で評価されています。昭和52年当時、新聞でも取り上げられました

機械ではなく、人の手で

「男山 純米大吟醸」を評価していただくとき、後味の綺麗さ・バランスの良さ、という言葉がよく使われます。

ベースになるのは、大雪山の万年雪から染み出た水の味。米も厳選した兵庫県産山田錦を100%使い、試行錯誤を重ねた精米歩合38%を守ることで、バランスの取れた味わいを実現しています。

また酒造りの工程では、『どこまで手を掛けることができるか?』を追求。いまでは機械化が進む多くの工程を、男山 純米大吟醸では手作業で行なっています。

浸漬したお米を甑(こしき)と呼ばれる大きな釜に投入します。
浸漬したお米を甑(こしき)と呼ばれる大きな釜に投入します。
蒸しあがったお米を冷ましています。"
蒸しあがったお米を冷ましています。
麹室(こうじむろ)での作業中。麹の種も手作業で撒いていきます
麹室(こうじむろ)での作業中。麹の種も手作業で撒いていきます。

手作業によるムラが起きないよう、精米・洗米など各工程のロットをできる限り小さくして実施。蔵人の負担も少なくないですが、手間と情熱をかけて我が子を育てるように造る酒。それが「男山 純米大吟醸」なのです。

手作業が生みだすバランスの取れた綺麗な後味、ぜひご賞味を

これだけ手間ひまを掛けて造る「男山 純米大吟醸」。そのため受賞歴が増え、お客様からのご要望が増えるほど、製造部の負荷も増加。

「え、また純米大吟醸が増えるんだ。まいったなぁ…」

杜氏が困り顔をするのが毎年恒例行事となっていますが、その内心喜んでいるのは紛れもない事実。まだ飲んだことがないお客様には、ぜひ一度ご賞味いただけると幸いです。

 男山 純米大吟醸。海外での受賞歴を2018年も更新しました
男山 純米大吟醸。海外での受賞歴を2018年も更新しました

時間をかける分、日常で飲むには少し手の出しにくい値段かも知れませんが、海外受賞歴42年更新のこのタイミングでぜひ一度ご賞味いただければと思います。2018年6月に開始した通信販売サイトでもお取り扱いをしています。

紹介したお酒

純米大吟醸(1.8L)

純米大吟醸(1.8L)(720ml) 蔵人の手仕事で醸す、男山の最高峰

1977年、日本酒で世界初となるモンドセレクション金賞を受賞。以来40年にわたり受賞を継続しており、他にも国内外の酒類コンクールにおいて数多くの金賞受賞を誇る、当蔵を象徴する純米大吟醸です。選び抜かれた兵庫県産山田錦を38%まで磨き、洗米・蒸米・製麹など醸造工程の大半を人の手で行うことで生まれる至高の味。穏やかな含み香、淡麗ながらも豊かに広がる上品な味わいを是非お楽しみください。