長年ご愛飲頂いております純米原酒「御免酒」のレッテルを刷新して新発売いたします。

新レッテルの御免酒(300ml、720ml、1.8L)

発売40年を迎える男山のロングセラー

御免酒(ごめんしゅ)は、本年発売40年を迎える男山のロングセラー商品です。
男山が1697年に五摂家筆頭である近衞家の「御免酒」、1733年に徳川家8代将軍吉宗の「御膳酒」のご指定を受けたと言われることにちなんで1979年に誕生しました。

発売当時の新聞記事

味さわやかにして品よく飲みあきず!アルコール13度の純米原酒

家伝に記されてあった一文「将軍御用達酒は味さわやかにして品よく飲みあきず」をテーマに、当時では珍しい低アルコールで冷やして飲む、辛口の純米原酒として発売しました。

40年前の御免酒のチラシ

一般的な日本酒に比べアルコール分が13度と低くすっきりしていて飲みやすく、また酸味が少し強いため飲みあきず、味の濃いお料理の食中酒(食事と一緒にお楽しみ頂くお酒)として展開し、多くのお客様からの支持を頂いています。

中華料理と御免酒の組み合わせもおすすめです

徳川家の家紋をヒントにした新レッテル

瓶詰ラインを流れる御免酒の一升瓶

今年で発売40年を迎えたことを機に、さらにより多くのお客様に嗜んで頂きたいと考え、レッテルを刷新して発売することにしました。

新レッテルは、徳川家の家紋「葵紋」をモチーフに3枚の葉で「御」「免」「酒」の文字を象り、また、背景には同じく徳川家の定め小紋「御召十」が描かれ、光の加減で見ることができるようになっています。

背景には御召十が描かれています

酒質やテーマは発売当時と変わりません。日本酒の歴史を感じながらこの御免酒を楽しんでみませんか?

紹介したお酒

御免酒

爽やかな酸味ひき立つ、食中酒

低温醗酵によりアルコール度数を一般酒より低く抑えて旨味を増した純米原酒。男山が江戸幕府より「御免酒」の銘を受けたことからこの名をつけました。さわやかな酸が立つ優しい味わいが特徴で、肉料理との相性が抜群です。冷やで飲むのがおすすめです。